市場全体に投資できる金融商品「インデックスファンド」とは

ども。ゲンゴローです。

今回はインデックスファンドについて解説します。

インデックスファンドとは

インデックスファンドとは、市場の動きと価格が連動する金融商品のことです。

日本の株式市場では、「TOPIX」というインデックス(指数)が、東証一部上場企業のすべての株式の時価総額の比率を元に算出されています。

1968年1月4日を基準日として、当時の時価総額を100として指数が算出されます。

ちなみにTOPIXとはTokyo Stock Price Index(東証株価指数)の略称です。

TOPIXに連動するインデックスファンドは、TOPIXの動きと連動するようにファンドマネジャーが株式を購入して運用しているのです。

メリット

インデックスファンドを購入するメリットは以下3点です。

  • リスクが少ない
  • 手間がかからない
  • 手数料が安い
リスクが少ない

インデックスファンドを購入すると、「市場そのもの」を購入していることになります。

そのため、特定の企業の株式や債券の値動きに翻弄されることがありません。

以下表は主なインデックスの一覧です。

このインデックスに連動する商品を購入することで、対象の市場全体に投資することが可能なのです。

手間がかからない

投資で儲けるということは、

「潜在的な価値よりも現状は安価な商品」を他の人よりもはやく見つけるゲームという見方ができます。

投資のプロたちが血眼になって毎日儲かる商品を探しているため、

ほぼ「潜在的な価値=現状の価格」となっているという考え方があります。

これを「市場は効率的である」といいます。

市場は効率的とすると、儲かる銘柄なんて片手間で見つかるはずがありません。

投資を仕事にしている人ならまだしも、

このブログをみている人の大半は普通のサラリーマンや学生さんだと思います。

朝から晩まで株の値動きを追っているわけにはいきません。

仕事や学校、趣味などいろんなことに時間を使いたいと思います。

「投資のプロですら、適当に銘柄を選んだサルに運用実績で負ける」という逸話もあるくらい、儲かる銘柄を探し出すのは至難の業です。

「市場全体に投資する」ことで、商品を探す手間を省くことができ、かつ低リスクで投資のリターンを得ることができるのです。

手数料が安い

運用担当者が投資銘柄を決定する「アクティブファンド」では販売手数料と信託報酬が必要になります。儲けても損失を出しても関係なく、手数料として払う必要があります。

信託報酬とは資産運用会社に支払うお金のことです。

アクティブファンドの場合、運用会社は投資銘柄を選定するため投資対象となる業界をリサーチするアナリストを雇ったり、お客さんに信用してもらえるような経歴のファンドマネジャーを用意する必要があります。

そのために多くの費用が必要になり、必然的にアクティブファンドの手数料も高くなってしまいます。

一方、インデックスファンドは、単純にインデックスを模倣した銘柄を購入するだけなので、比較して手数料を安価に抑えることができるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする