今さらきけない「NISA制度」について解説するよ!

ども。ゲンゴローです。

 

今回はNISA制度について解説します。

スポンサーリンク

NISA制度とは

NISA制度とは専用の口座で毎年一定額の範囲内で購入・運用した際に乗じる

分配金や譲渡益、売却益にかかる税金が非課税になる制度です。

 

専用の口座とは「NISA」「つみたてNISA」「ジュニアNISA」の3種類あります。

「NISA」「つみたてNISA」については日本に住む20歳以上の人が口座を作成することができます。

「ジュニアNISA」はその名の通り子供用です。19歳以下が口座の作成可能対象となります。

「NISA」と「つみたてNISA」との違い

NISAとつみたてNISAは何が違うのでしょうか。

以下表にまとめました。

                   ※ジュニアNISAは子供用なのでここでの説明は割愛します。

 

NISAの方が投資可能な商品や金額の範囲が広く設定されています。

一方でつみたてNISAはより長期間の運用ができる仕組みです。

 

「つみたてNISA」については以下記事で詳しく解説しています。

スポンサーリンク

NISAとつみたてNISAどっちがおすすめ?

NISAとつみたてNISA、どちらが一方的に良し悪しということはありません。

どのようなスタイルで投資していきたいかで決めれば良いのです。

  • 投資に使えるお金に余裕がある人
  • 中長期で運用したい人

→NISA

  • 少額しか投資にお金を使えない人
  • 少額で長期間じっくり運用したい人

→つみたてNISA

という感じで選択するのが一般的です。

NISA制度の注意点

投資をする上で是非とも活用したいNISA制度ですが、いくつか注意点があります。

    • 複数の金融機関で複数の専用口座を開設することはできない。
    • NISAとつみたてNISAの両方を同一年に口座開設することはできない。
    • 非課税投資枠は再利用できないため、短期トレードに適していない。

ある程度株式投資などを経験しており、自分で多種にわたる金融資産を選択して運用したい方はNISA、投資をやったことない人は、まずつみたてNISAから始めるといいと思います。

毎年NISAとつみたてNISAは変更できるので、投資の感覚や投資に使えるお金が増えてきたら

NISAに切り替えてもよいですね。

みなさんの充実した投資ライフを応援しています!

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事