つみたてNISAの解説!おすすめ銘柄と運用実績も大公開!

ども。ゲンゴローです。

今回は積立NISAについて紹介します。

スポンサーリンク

積立NISAとは

つみたてNISAとは、専用の口座を用いて行う投資手法のことです。

日本国内在住の20歳以上が対象ならだれでも口座の開設が可能です。

メリット

非課税で運用できる

一番のメリットは、非課税で運用できることです。

通常の資産運用だと、特定口座や一般口座を利用して投資を行います。

配分金や売却益、譲渡益が発生した場合、20.315%も課税されてしまいます。

しかし、NISA専用の非課税口座を開設すれば、購入してから最長20年間、毎年40万円まで非課税で運用することができます。

この制度は2018年から始まったので、非課税期間は2037年までとなります。

期間が終了するまでに、以下の選択をすることができます。

  1. 期間終了までに資産を売却する。
  2. 資産を特定口座や一般口座に移管し運用を継続
堅実な運用ができる

その名の通り、つみたてによる投資なので、「ドルコスト平均法」の恩恵を受けることができます。

ドルコスト平均法については以下の記事で解説しています。

スポンサーリンク

デメリット

元本保証ではない

あくまで投資なので、普通預金のように元本が保証されている訳ではありません。

商品の購入・売却のタイミングによっては元本割れを起こす可能性もあります。

投資は自己責任ということは肝に命じておいてください。

ハイリターンではない

年間の上限が40万なので、そこまで多額のリターンを得られる投資ではありません。

つみたてNISAだけで社畜脱出はまず無理でしょう。

2019年の運用実績はこちら!

つみたてNISAを使ったゲンゴローの2019年度の運用実績は以下のとおりです。

選んだファンドは2つです。

  1. 『楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド(全米株式)』
  2. 『eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)』

選定理由は以下2点です。

  • 世界経済に投資できるもの
  • 極力手数料が安価なもの

人が欲望を失わない限り資本主義はなくならず、世界レベルで見れば経済は成長し続けると考えたからです。

逆言うと上記の選定理由を満たしていれば、ファンドはどれでも良いと思っていました。

 

2019年は20万円分購入した結果、合計で14,714円の含み益が出ています。

損益率は約7.36%という結果になりました。

一般的な投資の利回りは「5%でれば御の字」という世界です。

日々の株価の変動に一喜一憂することなく、ほったらかしでこの成績はかなり優秀だと思います。

20万円分しか購入していないのは、単純に途中から始めたからです。

もっと早く実行しておくべきだった・・・!

ゲンゴローが使っている証券会社は『楽天証券』です。

楽天関係で獲得したポイントもつみたてNISAの支払いに回しています。

いわゆる楽天経済圏というやつですね。

なるべくあらゆる支出を楽天のサービスにすることで、ポイントを荒稼ぎするという財テクです。

支払いも極力楽天カードで行い、ポイントをためています。


2037年まで、こつこつじっくり積み立てていこうと思います。

17年後が楽しみです!

スポンサーリンク
おすすめの記事