結局何がいいの?おすすめのキャッシュレス決済方法はこれだ!

ども。ゲンゴローです。

 

今回はオススメのキャッシュレス決済方法について紹介します。

最近はいろんなカードや「●●ペイ」などがあり、たくさんありすぎで結局どれを使えばいいのかわからない人も多いのではないでしょうか。

今回はゲンゴローが使ってみて、最低限これだけあれば便利に支払いができるものを紹介します。

スポンサーリンク

キャッシュレスって何?

経済産業省のHPによると、キャッシュレスは「物理的な現金(紙幣・硬貨)を使用しなくても活動できる状態」としています。

実際の紙幣・硬貨を使わない決済方法は「クレジットカード」、「電子マネー」、「デビットカード」、スマホでの「QRコード」など多種ありますが、これら全て「キャッシュレス決済」に分類されます。

ゲンゴローおすすめのキャッシュレス決済はこれだ!

ゲンゴローが普段使用しているのは以下4つです。

これだけで大体の支払いで現金を使うことはほぼなくなりました。

  • Suica
  • PayPay
  • Kyash
  • 楽天カード
Suica

言わずと知れたキャッシュレス支払いのパイオニアですね。

オートチャージ機能を使えば、残高が設定額以下で改札を通った時に

指定の額を自動でチャージすることができます。

改札を通ろうとして、残高不足で止められている人、ちょっとかっこ悪いですよね。

なんでオートチャージにしないんだろ?といつも不思議に思っています。

ゲンゴローはよくイオンで買い物をするので、イオンクレジットカードでSuicaのオートチャージ機能を使っています。

PayPay

乱立する「〇〇ペイ」シリーズの頂点。

20%還元セールで使い始めた人も多いのではないでしょうか。

現在は当時の破格の還元率はありませんが、QRコードや電話番号で他のユーザを検索し、

送金する機能がめっちゃ使いやすくて気に入っています。

友人とご飯に行く時、支払いがすごく面倒ですよね。

人によってはざっくりした額で支払う人もいれば、1円単位できっちり割り勘したい人もいて

まとめて支払う人は頭の痛い瞬間です。

PayPayを使えば、そんな悩みは吹き飛びます。

Kyash

普段はプリペイド式のVisaカード「Kyash」を使っています。

スマホのアプリで使用額がすぐ見えること、決済金額の1%のKyashポイント付与が特徴です。

しかし、公共料金や航空券等の支払いには使えないことはちゅういしてください。

ポイントせどり対策でしょうか・・・

楽天カード

上記のKyashが使えない支払いや楽天のサービスを利用する際は、楽天カードを使用しています。楽天証券と楽天市場が今のところメインですね。

ふるさと納税を楽天で行い、得られたポイントは楽天証券で積立NISAで消費しています。



上記が今のところゲンゴローが使っているキャッシュレス決済方法です。

今後より競争が激化し、新たなサービスもででくることでしょう。

引き続き収支管理の最適化を目指して、色々なサービスを試していきたいと思います。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事