3年前のブログの下書きから得た「考えを書き留めることの重要性」

 

ども。ゲンゴローです。

ふとwordpressの下書きをみていると、

2年前の書きかけの記事がありました。

総務省が発表している、テクノロジーの動向と展望をまとめた「情報白書」の感想のようです。

 

ーーー

平成28年版情報通信白書メモ

 

アメリカと比較する日本はAI導入が遅れている。

AIに関する知識の意欲もアメリカと比較すると日本は少ない。

日本でのAIの研究環境は整備があまりなされておらず、

厳しい状況。

今のうちからAIに対する知識を身につけておけば、

くいっぱぐれない。

あくまで本資料はH28年度のもの。

さすがに日本でも危機感を抱いている人は現状では多いかと思う。

日経新聞を見ても「AI,人工知能」のキーワードを見ない日は無いほど、他分野でのA1活

用に関する記事が毎日掲載されている。

では、

今、

自分達ができることは何か。

 

AIへの正しい知識を身につける。

→AIに何ができて、何ができないのかを知ることで、自分が今後どのような能力を身につけるために時間を使えばよいかがが明確になる。

近い将来、AIに仕事を教える仕事が生み出される。今のうちにAI活用に慣れておけば、

柔軟に対応できるのではないか。(裏を返すとAIへの知識の有無が、今後ホワイトカラ

ーの生死を分ける決定的材料になる可能性が高い。)

 

「仕事への意欲」「コミュニケーション能力」を磨く。

この2つはAIの導入が進んでも、普遍的に求められる素養である。今のうちに磨きをかけておく

→興味のある仕事をする。複数のコミュニティに所属する。

特にコミュニティについては、強い危機感がある。

 

投資において、「卵を一つのカゴに盛るな」という言葉がある。

一つの職場で一心不乱に働き続けることは、

自分という卵を職場というカゴにしかもって

いない状況と同じなのではないか。

ーーーー

平成28年っている響きがもはや懐かしいです笑

自分なりに危機感持って色々考えていたんやな、と我ながら感心しました。

おそよ3年経った今、当時考えた対策をどれほど実行できているのか、答え合わせしたいと思います。

 

AIへの知識→

専門書の読み込み、ブログでのアウトプット

 

また、身銭をきってAI使った資産運用を実施。

 

仕事への意欲→

なるべく自分の付加価値の高まる仕事に時間を投下。

プログラミングも時間を見つけて勉強中(今はSQLとVBAが中心)

実務でVBAを用いた業務の効率化に成功。今後範囲拡大予定。

 

コミュニケーション能力→

職場と家の往復にならないよう趣味のコミュ二ティに参加。

って感じで割と行動できている気はします。

自分が考えたことは書き留めておくことで忘却を防ぎ、行動にうつす原動力になるんだと再認識しました。

最近は人生の5年計画を立てて、1年ごとに何をやるのか、そのために日々何を学び、辞める必要があるのかを考えています。

サラリーマンだと年間の目標を設定させられて、その到達具合を確認されることは多々ありますが、プライベートで同様のことをやっている人はあまりいないかもしれません。

自分も人の受け売りで始めました。

人より抜きん出た成果を出すには、人と同じことをしていてはいけません。

志高く日々を生きたいものです。

スポンサーリンク
おすすめの記事