大学受験の大失敗から得た、「絶対してはいけない」学習方法

ども。ゲンゴローです。

大学受験の大失敗から得た「絶対してはいけない」勉強方法を紹介します。

なんどもブログで書いていますが、自分は学歴コンプレックス持ちでした。

高校はど田舎のなんちゃって進学校で、机にかじりついて勉強していました。

当時の自分は「努力すれば必ず報われる」と信じて疑いませんでした。

しかし大学受験の結果は散々でした。センター試験で大失敗してしまったのです。
センター試験が少なくとも8割必要なところを、まさかの5割5分しか取れなかったのです。
第1志望の旧帝大は受けることすら許されませんでした。

世の中の全てが灰色に見えたのを今でも鮮明に覚えています。


周りが東大や京大、国立大の医学部に進学する中、自分は地方国立大学の工学部へ進学しました。

その時悟りました。受験は「努力すれば必ず報われる」のではありません。
「正しい努力」をした人は報われる可能性が高まる、というだけです。

自分のような失敗をする人を少しでも減らしたい。そんな気持ちと、反省の意味を込めて、ブログにさらけ出そうと思います。

ただ時間をかけていた。

自分の高校では、毎朝昨日の勉強時間を棒グラフとして記入し、提出するルールがありました。今思うとマジで害悪でした。

本来の目的を忘れ、いかに勉強時間を稼ぐかを考えていました。

英単語を覚えるために、なんども同じ単語をノートに書きなぐって何ページも埋め尽くしてました。時間の無駄ですね。書きゃ覚えるってもんでもありません。

戦略がなかった。

大学・学部において傾向があります。科目や配点も様々です。

自分の志望が決まったら、その学校の傾向や特徴を徹底的に調べ、「その大学に受かるための」勉強をするのが合格への最短の道です。
つまりは戦略を持って勉強する必要があるのです。

周りと同じ参考書を使ったり、学校の授業を聞いてても意味はありません。

志望校に合格するにはどの科目が何点足りないのか、合格点まで到達するには、自分はどの分野が弱いのか、逆算して考えた方が、合格の確率は飛躍的に上がるでしょう。

大学院受験の話をすると、ゲンゴローはまず一番最初に以下の本を読んで、大学院受験、そして学歴ロンダリングとは何かを勉強しました。

その後は自分のやりたい研究のできる専攻、研究室を探して、研究室訪問を行い、先生から入学前に必要な知識等を教えてもらいました。

大学院受験のノウハウは以下でも紹介していますので、チェックしてみてください。

大学院受験に塾は必要ない!?学歴ロンダリングに必要な3つの神器とは?
ゲンゴローです。 今回は、学歴ロンダリングを成功させるために必要な「3種の神器」を紹介します。 1.他大学院を目指す友人 大学...
【参考例付き】合格する大学院の志望動機の作り方
こんにちは。ゲンゴローです。今回は大学院入試における志望動機の作り方について、書こうと思います。 大学院入試の際、必ず志望動機につい...

テストを解きっぱなしにしていた。

テストの答案は、自分がどこが理解できていなかったのか、弱点はどこかがわかる宝の山です。

にも関わらず、自分はテストをあまり真剣に見返さず、新しい参考書に手を伸ばしていました。そりゃ成長しませんよね・・・

自分の弱点や苦手なことを見返すのは、恥ずかしいですし、ストレスもかかります。

しかし自分の真に向き合わないと、苦手を克服できません。

自分がどうなりたいのか、自分に問い直し心を鬼にして勉強に臨みましょう。

愚者から学ぶこともある。反面教師してほしい。

ブログを書いていて、自分は本当にダメ受験生だったなあと再認識しました。
愚か者でしたね。

もちろん大学院試験は大学受験の反省を十二分に活かしたので、無事第一志望に合格しました。

この記事をみている人には、自分のような失敗をしてほしくないので、ぜひ反面教師にしてください。

大学受験や資格試験のために日々勉強しているあなた、自分が非効率な勉強をしていないか今一度見直してみませんか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする