独身アラサーが「いますぐ妻を社長にしなさい」を読んでみた!

どうも。ゲンゴローです。

今回は『いますぐ妻を社長にしなさい』を読みました。

著者の坂下仁さんは、メガバンクM銀行に20年以上勤める現役銀行員です。

ある時、株取引で莫大な借金を抱え、破産寸前まで追い込まれましたが、

夫婦で「プライベートカンパニー」をつくり、「節税」と「超堅実なビジネス」を実施されました。

数年で借金を全額返済し、現在は数千万円のキャッシュフローと数億円もの資産を持たれています。

本書では、著者の人生を短期間で劇的に変えた「プライベートカンパニー活用法」が紹介されています。

自分はお金に不自由したくない!と強く思っています。

なので、お金関係の良書はくまなく読んでおきたいのです。

以下の記事でも過去に紹介しています。

一生使える「お金の教養」を身につけてみた。
こんにちは。ゲンゴローです。 気づいたらもう10月・・・ 9月はぜんぜんブログ更新してませんでし...
なぜ働くのか。なぜお金を稼ぐ必要があるのか。
どうも。ゲンゴローです。 突然ですが、なぜ人は働くのでしょうか? 大半の人は「お金を稼ぐため」だと思います。 では...

本書は、twitterで話題になってたので、即アマゾンでポチりました。

(★3.5でレビュー数150件とかなりの高評価!)

自分は嫁ないんですけどね笑 将来に向けて勉強しておこうかと!

お金の本質とは?

「お金とは感謝の気持ち」だと筆者は言います。

通貨とはその気持ちを「見える化」したものに過ぎません。

お金を使う3パターンについて、本書では以下のように定義されています。

投資は、他人の役に立つことにお金を使うこと。
消費とは、自分のためにお金を使うこと。
浪費とは、誰の役にも立たないことにお金を使うこと。

他人のために何ができるかということを考え、感謝の気持ちを生みだすことが、

お金持ちになる近道と言えます。

自分のためだけにお金を使うことは極力控えよう・・・と思いました。

私は、ついつい食後のお菓子を買っちゃうので、改めないといけません。

なぜ『プライベートカンパニー』が節税に繋がるのか

これは、法人の場合、税制が優遇されているためです。

会社員であれば、給与から税金・社会保険料を引かれた金額が自分の口座に振り込まれます。

しかし法人の場合、売り上げから経費を際引いた額に税がかかるので、利益を少なくし、支払う税金を少なくする手段があるのです。

家賃や車など、サラリーマンでは自分のお金しか支払えないものも、「プライベートカンパニー」というもう一つのお財布を作ることで、会社の経費にすることが可能になります。

失敗しないビジネスに当てはまる5つの条件とは?

「プライベートカンパニー」の経費とするには、そもそも売り上げがないと成立しません。

じゃあ具体的に何をビジネスとしてやったらいいの?と思います。

本書では、その条件を以下のようにまとめています。

  1. 小さい金額から始められること
  2. 利他的なビジネスであること
  3. 簡単に学べて再現性があり、片手間で手軽にできること
  4. 家事の合間にできて、無理なく続けられること、
  5. 他人任せにしないで妻がコントロールできること

この5つの条件を満たすものとして、筆者は不動産投資をあげています。
これを機に、自分も不動産について勉強しようと思いました。
特に田舎での大家業に興味がわきました・・・!

自分はド田舎出身なので、土地勘・人脈が活かせるのでは、と思ったのです。

しかし不動産の場合、働き始めて間もない時だと、いきなり何百万のお金を使ったり銀行からお金を借りたりと言う事はなかなかハードルが高いかなと思います。

ブログであれば、サーバー代などを月1000円程度で始めることが可能なので、かなり敷居は低いかなと思います。
自分も今取り組んでいますが、じわじわ収益が上がってきております。

サラリーマンの給料は、必ずしも自分の仕事量や成果に直結していません。
しかしブログであれば、自分の努力しただけ、自分のアウトプット量に応じて売り上げが伸びる可能性があります。
これはかなり夢のある環境ではないでしょうか。

自分の頭で考えろ!

本書では投資の枠を超えて、学ぶ姿勢についても説いています。

過去から学ぶことも大切ですが、常に先々を考えて学ぶ必要があります。

そのためには本やインターネット、ニュースなどで得た知識をそのまま鵜呑みにするのではなく、自分の頭で考え、判断する必要があります。

何よりも自分の頭で考えることが最重要です。考えるとは「自分に対して質問し続ける」と言うことです。問題意識を持ち続けることにより、初めて疑問を感じることができるになり、疑問を持つことで初めて質問が生まれてきます。

自分の頭で考えることで、本などから学んだ知見や知恵を応用して、自分なりにアレンジすることができます。

100%ぴったりと自分の状況に当てはまる情報とは限らないので、何かしら自分なりにアレンジすることが重要になります。

初心者がとっつきやすい一冊

お金の考え方や投資、サラリーマンの働き方に疑問を持っている方が、まず最初に読んでほしい1冊かなと思います。
また、結婚されてる方は奥さんと一緒に読んだり、奥さんにお勧めできる本にもなっています。

友人の新婚さんにもお勧めしたい一冊です。

この本を読んでプライベートカンパニーの作成に興味がある、もっと深く勉強したいと言う人は橘玲さんの『貧乏はお金持ち』を読むとより深く学べると思います。

『貧乏はお金持ち』では、個人で作る会社である「プライベートカンパニー」のことを「マイクロ法人」と定義しています。)

残業なんかに負けないぞー!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする