講談社の『まんが学術文庫シリーズ』は手軽に名著を読めてすごく良い!

どうも。ゲンゴローです。

最近、講談社の『まんが学術文庫シリーズ』にハマっています。

講談社『まんが学術文庫シリーズ』とはなんぞや?

『まんが学術文庫』シリーズとは、マルクスの『資本論』や、ドストエフスキーの『罪と罰』等の名著・古典をマンガ化したものです。

現在のラインナップは以下8冊になっています。

公式HPではためし読みも出来ます。

『まんが学術文庫シリーズ』の魅力は「手軽さ」にある!

このシリーズの最大の特徴は「マンガであること」だと思います。

マンガは学習する上でコスパが良い最強のツールだと思っています。

マンガで学ぶメリットは以下3点挙げられます。

①手軽に読める。

⇒1冊1時間くらいで読める。読み返してもそんなに時間がかからない。

②安い

⇒1冊600~800円程度なので買いやすい。巷のビジネス本だと1200円~2000円位する。

低予算で他分野に渡る知識を得ることが出来る。

③絵と文字のダブルパンチで記憶に残りやすい

⇒マンガはストーリー仕立てになっているので、文章の暗記ではなく、

心で覚えることが出来るから、知識を定着させやすい。

自分は今の所、資本論 (マルクス)幸福について(ショーペンハウアー )恋愛と贅沢と資本主義(ゾンバルト)を読みました。どれも読みやすく、するすると頭に入ってきます。

このシリーズを入り口に、原著に挑戦してもいいかもしれません。

まずは、このシリーズの他の本も読んで見ようと思います~

残業なんかに負けないぞ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする