社畜でもできる!どれだけ忙しくても自分の時間を見つける方法

こんにちは。ゲンゴローです。

今回は、効率的に時間を使う方法についてお話しようと思います。

自分も結構残業が多く、帰宅するのが深夜になる日も珍しくありません。いわゆる社畜ですね。笑

しかし!目の前の仕事だけこなしているだけでは今後生き残れません。大半の仕事はAIに持っていかれます。野村総合研究所とオックスフォード大学の共同研究によると、10~20年後には、日本の労働人口の約49%が就いている職業において、AIに代替することが可能との推計結果が出ています。

日本の労働人口の49%が人工知能やロボット等で代替可能

未来に生き残るためには、AIに代替されない能力を身につけなければなりません。そのための自己投資の時間を毎日1秒でも長くとる必要があります。

1日は24時間しかありません。「いかに隙間時間を活用するか。」が重要になります。

一番やりやすいのは、昼休みを活用することだと思います。

大半の企業は12時から13時の間に昼食をとるための昼休みが設けられています。

たかが1時間、されど1時間。1週間で5時間。1ヶ月で20時間。1年で240時間。

会社の人間と仕事の愚痴言い合ってる場合じゃないですよ。自己投資に使いましょう。

ちなみに、ゲンゴローは毎日の昼休みにこんなことをやっています!

1.新聞を読む。

2.ニュースサイト読む。

3.読書

4.食事処の開拓。

5.海を見ながらぼーっとする。※ 

6.図書館に行く。

※近くに海なんてねーよ!ってツッコミが聞こえてきそうですが、要は地の利を活かした過ごし方をしたらいいよって話です。東京駅付近だったら昼休みに皇居ランとかしてみてもいいですね。近くに温泉もあるようですし。

SPA大手町 都心で温泉&フィットネス 大手町駅 直結0分

まだ自分の仕事のペースが定まっていない新人だと、昼休みも終わっていない仕事をやりがちです。しかし、仕事はメリハリが大切です。ゲンゴローはどれだけ仕事がたまっていても、絶対昼休みは仕事をしない。という自分ルールを作っています。

仕事以外に集めておいた情報が、仕事に応用できたり、モチベーションの向上につながることもあります。

自分の場合はAIに関心があるので、関連する新聞記事やニュースサイトを調べていました。その知識を社内のシステム改修の際に活用することが出来ました。

また、自分が仕事で関わった研究が、新聞記事の一面に大きく取り上げられた時は、自分の仕事が確実に世の中に影響を与えていることを実感し、日々の仕事へのモチベーションに繋げることが出来ました。

時間は有限です。時間の使い方を意識して、自分を磨いていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする